男女兼用のお悩み

  • 性病・感染症
    症状を感じにくいものもあるため、感染して気づかないでいると、知らない間に体がむしばまれていきます。
    ちなみに、“STD”は、“Sexually(性により) Transmitted(感染する) Diseases(病気)” の頭文字をとったものです。
  • 性病・男女兼用
    性行為、性的な接触によって感染する病気の総称です。”性病”と呼ばれることで、一部の人だけかかる病気であると思われがちですが、普通の性生活をもつ人であれば誰もがかかりうる病気です。
  • アレルギー性鼻炎・花粉症
    鼻水・クシャミ・鼻づまりといった症状をもたらす「アレルギー性鼻炎」と「花粉症」のお薬です。
  • 胃腸薬
    胃および腸の疾患の治療や、症状の緩和に用いられるお薬です。
  • 下痢・便秘
    健康な便は、水分が60%から70%ほどです。これより水分が増えると便が柔らかくなり軟便、水分が90%を超えると下痢となります。毎日排便があっても量が少なかったり、便が硬かったり、残便感があってすっきりしないといった場合は、便秘といえます。
  • アルコール依存症
    アルコールの持つ依存性によって発病する。耐性、飲酒行動の異常、離脱症状が、主な特徴です。
  • 抗うつ剤
    抑うつ気分の持続や希死念慮を特徴とするうつ病のような気分障害に用いられるお薬です。
  • 総合失調症・うつ病
    「うつ病」と「統合失調症」。どちらもよく耳にする精神疾患ですが、一部似た症状があらわれることもあり、この2つを混同してしまいがちですがうつ病と統合失調症は全く別ものです。
  • あがり症・狭心症
    人前で緊張してしまい、思うように話が出来なくなってしまうとか、顔が赤くなってしまう、人の視線が気になってしまうあがり症、狭心症は発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こします。
  • 記憶力向上・記憶障害の改善
    人間の脳の機能や能力を高めたり、認知能力や記憶力を高めるお薬です。スマートドラッグとも呼ばれております。
  • 認知症・アルツハイマー
    物忘れがひどくなり、それがどんどん進行していきます。アルツハイマー病は脳の委縮のせいで起こる病気です。
  • 睡眠ケア
    睡眠に関連する様々な問題がストレスや身体の不調、疲労の蓄積や気力の低下をもたらします。睡眠の質と時間は加齢と共に低下していく傾向にあるが、加齢と共に今まで以上に質の高い睡眠が必要とされています。
  • がん治療
    日本人の2人に1人がかかり、3人に1人が命を落とすと言われる「がん」。最近は、がん細胞だけに作用する分子標的治療薬の開発が進み、実用化されているものが増えています。
  • 抗生物質
    微生物が産出し,微生物そのほか生活細胞の発育その他の諸機能を阻止する物質。1928年A.フレミングのペニシリン発見に端を発し,現在まで約4000種の抗生物質が発見されており,そのうち約300種は医薬品として使用されています。
  • 湿疹・皮膚炎
    体に現れる湿疹・皮膚炎。ちょっとしたぶつぶつから、強烈なかゆみをともなうものまで症状も原因もさまざまです。
  • 疱疹
    疱疹ほうしん. 皮膚に小水疱(すいほう)が群がって生じた状態をさす病名で、ヘルペスherpesとも言い、代表的なものは単純性疱疹と帯状(たいじょう)疱疹で、いずれもウイルス感染によっておこります。
  • 皮膚感染症
    皮膚に感染症を引き起こす細菌にはたくさんの種類があります。より頻度の低い細菌による皮膚の感染症が、入院中、介護施設の入居中、あるいは庭仕事をした場合や池、湖、海で泳いだ場合などに起こることもあります。
  • 疥癬(ヒゼンダニが原因の皮膚感染症)
    感染後、約1~2ヵ月の潜伏期間をおいて発症します。きわめて強いかゆみを伴い、皮膚症状は丘疹、結節、疥癬トンネルがあげられます。特に疥癬トンネルは疥癬だけに見られる特有なものです。
  • にきび治療薬
    思春期に悩む事が多いニキビですが、最近は大人のニキビも増えてきました。実はニキビは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という皮膚の病気です。適切なにきび薬を使用しましょう。
  • 糖尿病
    糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のことです。放置すると全身にさまざまな影響が出てきます。
  • 高血圧・糖尿病
    高血圧の患者数は国内で約4,300万人といわれ、まさに国民病といえます。同じように糖尿病も、予備軍を含めると患者数2,050万人に上る病気です。糖尿病も高血圧も、どちらも症状のないまま進行し、さまざまな合併症を引き起こします。
  • 脂質異常症
    脂質異常症とは、血液中にふくまれるコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)などの脂質が、一定の基準よりも多い状態のことをいいます。血液中に余分な脂質が多くなると、動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高くなります。
  • 吸入器
    吸入器とは、主に呼吸器系の疾患を持つ患者が薬剤の吸入をしたり、スチームの吸入をしたりすることで、その症状の緩和を図る医療機器です。
  • 痛風
    痛風は尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。放置すると激しい関節の痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気でもあります。
  • 緑内障・高眼圧症
    眼圧が高い」状態を「高眼圧症」と呼びます。ただ眼圧が高く、視野障害はない状態ですが、年に1-2%は緑内障(目の硬さ(眼圧)によって、見る神経(視神経)が傷み、物の見える範囲(視野)が狭くなってしまう病気)に移行することが知られています。
  • 白内障
    白内障は、目の水晶体という部分が白く濁ってくる病気です。白内障の多くは加齢によるもので、老人性白内障(加齢白内障)といわれています。
  • 胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
    胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、粘膜、粘液、粘膜血流などの「防御因子」と、食物を消化する、胃酸やペプシンなどの「攻撃因子」のバランスが何らかの原因によって崩れ、胃や十二指腸の壁の表面が溶けた状態です。
  • むくみ取り/冷え性/利尿剤
    「冷えは万病の元」といわれるように、手足が冷えるといった直接的な症状だけでなく、疲れが取れにくくなったり、むくみや生理痛、頭重がひどくなったり、様々な不調を引き起こします。利尿剤はむくみの原因となる余分な水分を除去してくれるお薬です。
  • 美容
    美容に関する様々なお薬を取り扱いしております。

〒配送番号検索

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力ください。